RAY=OUT PHOTO STUDIO


春日市から弊社のマタニティフォトを撮影にこられたKさま。

昨日は撮影しながらとても楽しい時間を共有できてとてもありがたく思っております。
お食い初めの時にも撮影にくるけどいい?と早速ご予約を頂きましたが、まずはきちんとお子様をお生みください!

春日市から来る際には西鉄電車を使って福岡(天神)駅から徒歩で来たといわれていました。徒歩でも来れる場所にあるスタジオとはいえ、お腹の大きい中ありがとうございます。

マタニティだと周りが気を使ってくれるのよね。道歩いていても譲ってくれるし、散歩がてらウィンドウショッピングも楽しめるし良い運動になるから良いかもしれない。

とか、安定期に入ったら、少し運動をする方が良いといわれますが、そのついでに撮影の予約までいただいてありがたい限りです。

平日の昼間の撮影だったこともあり、弊社の近くにはお店がたくさんありますので、徒歩5分くらいでたどり着ける場所だと思います。

妊娠8ヶ月のお子さんで、名前はいくつか候補はあるけど、生まれた瞬間なんて呼んであげたいかで最終決定したいなって楽しみに話されていました。

マタニティフォトは奥様が妊娠したら絶対撮っておきたいと決めていたらしく弊社を選んでいただけました。
春日市からだとそれなりに距離がある場所ですが、福岡の中心に位置する場所で近所よりも天神や大名のほうが歩き慣れているからと足をお運びいただきました。

実際の撮影中には、最初少し緊張をされていた雰囲気がありましたが、元々明るい方で徐々に写真を撮られることを楽しみながら、生まれてくるお子さんが少し大きくなったら見せてあげる写真だからめっちゃ笑っておきたいっていって大笑いしすぎている写真なども撮影しました。

お子さんに見せたい写真ってなんか良いですね。

マタニティフォトをもっと福岡に住むママさんたちに広げていけたらきっと楽しい子育てが始めれるんじゃないかと使命感に燃える一日でした。


福岡でマタニティフォトを撮る人に見てほしい撮影プラン