RAY=OUT PHOTO STUDIO


こんにちはRAY=OUTの大熊です。

いきなり寒くなってきて、少し体調おかしくなりましたが、皆さんのマタニティフォトを撮影する場所、そう!スタジオの内装を自分たちの手で作っています。

カメラマンとデザインの仕事をしていた仲間で立ち上げようとしています。

マタニティフォトをメインに子ども達の笑顔を撮影する場所って楽しい場所で会ってほしいねっていう気持ちと、実際に内装の仕事をされている人たちから、時間の合間をぬって教えてもらいながら手伝ってもらいながら自分たちの手でスタジオの中を作っています。

壁に埋め込まれている木を取っ払って、もっと良い写真を取れる場所にして行こうとおもって壁を新たに作ってみたり、床材はこんな素材のものだったら子ども達が写真撮影に来たときも安心して撮影できるんじゃない。

こんな壁や小物があったら撮影の時に気持ちよい撮影になるんじゃないかな?

この壁紙だったら、この壁紙の方がいいんじゃないなんて一日中悩んで決まらなかったり(笑

みんな凝り性すぎるところが時間がかかるけど、みんなの思い入れて作った場所で撮影をしていけることで、撮影しにきてくれた方が少しでも笑顔に慣れる撮影をしていきたいと思います。

スタッフのみんなでスタジオに来る時にはワクワクした気分で来ていただいて、スタジオについた時にその気持ちを高めてあげれる場所にすること、撮影が終わってお帰りの際には笑顔もだけど笑って「またね」っていって送り出すという場所にしたいなと当たり前のことだけど、とても大事にしたい場所にしようねって話しています。


福岡でマタニティフォトを撮る人に見てほしい撮影プラン